高気密化
 高気密とは、住宅の隙間を出来る限り少なくする工法です。気密率が高ければ高いほど、熱は逃げにくなり、室内を暖めたり冷やしたりしたとき、長時間にわたり持続するのです。高気密は高断熱とセットで考慮されるできものです。

高断熱化
 断熱とは熱を伝えにくくすることです。断熱材には繊維系とプラスッチク系が有ります。古来の土壁やワラにも断熱性能は有りますが同じ厚みでは硬質ウレタンフォームや、スチレンフォームや、グラスウォールが、高断熱工法に取り入れられています。

断熱工法について
住宅の熱環境制御に大事な、住宅の断熱には、いくつかの工法があります。
1 ・ 断熱材
熱水や冷水を金属とガラスと陶器の器に入れた時、その表面の温度が違います。この差は、金属とガラスと陶器の断熱性能に違いがあるためです。建築の断熱材にはいろいろな製品がありますが。当社は自然素材の断熱材を薦めます。モンゴルのパオの断熱材は、羊毛(カシミヤ)でした。軽く畳める素材でした。木造に、ウールの蒲団状の断熱材がお薦めです。新聞古紙や、木材繊維の断熱材や、セラミック材の燃えにくい断熱材もあります。石油から作られた、ポリスチレンやウレタンなどの素材は使わないようにしましょう。
2 ・ 結露と住まい
冷たい水を入れたガラスのコップの外側に水滴が付いている。これが建物で起こることを結露と呼びます。内外温度差と湿度差が露点といい大きく関係します。室内の暖かく湿った空気が、露点以下の窓ガラスなどの部分に触れて水滴を生じる現象です。壁体表面結露と壁体内部結露に大別され、表面結露の防止には断熱材を用いて表面温度を露点以下にならないようにします。この断熱材の材質、厚み、位置にいろいろな工法が有ります。地域によっても違います。
3 ・ 内断熱工法
内断熱とは文字通り、壁、床、天井の室内側(内側)に断熱材を入れ、室内を包み込む様に、断熱材を入れ、室内の内側を包み込むように断熱材を充填する、一般的に行われている工法。コストは比較的かかりませんが、断熱材がずれたり、隙間が出来やすく施工が不十分だったりすると壁体内に結露を生じやすく欠点があります。
4 ・ 木質パネル工法
2×4工法と同じ壁式工法を、各メーカーが改良した「パネル工法」が特徴。
各ハウスメーカーにより違いが有る。
5 ・ 外断熱工法
この欠点を改善すべく、外断熱工法は、基礎から壁、屋根まで建物の外側を断熱材で隙間なく包み込む工法。 隙間も出来にくく壁体内がの結露も招きにくい工法です。外側の断熱層と外壁仕上げ剤との間に通気層を設けるのがポイントです。この通気層は1.5〜2.0cmあって空気が流動するように施工します。
6 ・ 中断熱工法
壁を二重にしてその間に断熱材を挟み込む工法で、外と内の温度差を無くす良い方法です。 レンガやブロックをを二重の壁に構成し、その間に断熱材を施す工法は北国の建築に見られます。施工に難度があるためコストもかかりますが、今後良い工法が開発されるでしょう。
7 ・ 内外断熱工法
構造躯体の内と外の両面に断熱材を設ける方法が内外断熱工法です。断熱材には型枠兼用の発泡ポリスチレンボードが使われる工法なあります。躯体両面を断熱材で覆われるため、躯体の温度変化が合いませんが、コンクリートが隠れていため点検しにくい、表面の耐火がない、コストがかかるなどの難点があります。