構造・工法について
建築の、躯体の素材や工法と建設方法にはさまざまなものが有ります。
主に住宅に用いられる工法の内から、主だった工法を次に解説します。
木造軸組工法
木の柱と梁によって骨組みを組んで建物を支える工法を「軸組工法」と呼ぶ。この工法は、日本の家屋に古来くからある工法のため、別名に「在来工法」とも呼ばれる。日本の風土に育った豊富な木材を主材料にして、わが国の住宅・社寺は受け継がれてきた、代表的建築工法だが、専門技術者数の不足とっ伝承不足が、この工法の問題とされてる。柱や梁などの位置、長さなどは比較的設計に自由度が高いのが、梁と柱の接合には高い技術を必要とし、専門の大工さんの技術に支えられた工法いえる。
新木造軸組工法
上記の在来木造は木と木の接合のため、接合部に断面欠損が生じたい耐震性が弱い。この点を研究し、改善した金物を接合部に使った新木造軸組工法とし進化しています。加工工場で指定されたデーターを入力すると、加工ロボットが乾燥集成木材を見る間に刻んでいく。其の加工精度と加工システムのもたらすスピードと確実性は素晴らしい。耐震性も構造計算によって確かめられるし、その精度は鉄骨並みである。加工された木材は、現地で丈夫な接合金物を介して、骨組みが組みあがる。当社では、木造の場合、この金物による新木造軸組工法を研究し、実現させている。
2×4工法
 (ツウーバイフォー工法)
木材豊富な北米から発達した、インチ寸法に規格化された木材によって、床・壁・天井を構成し、壁のフレームで建物を支える工法。2インチ×4インチを基準寸法にしているためにツウーバイフォーと呼ばれる。当初は輸入住宅等に多く用いられた。日本の在来工法に比べ、組み立てが容易で、施工性が良い、断熱、気密性も比較的高いが、壁が構造材であるため、開口部が、大きく取れないなど、制約が大きい。また、高温多湿の日本には、蒸れ易い、使われる木材がの密度がなく、(桧、ヒバなどに比べ)耐久性、にいささか劣る傾向がある。 別名「枠組み工法」ともいう。
木質パネル工法
2×4工法と同じ壁式工法を、各メーカーが改良した「パネル工法」が特徴。
各ハウスメーカーにより違いが有る。
鉄骨造工法
住宅の骨組みに、鉄骨の柱、梁、筋交いなどを用いた工法。
耐久性、耐震性に優れ、大きな、開口部が取れる等の利点がある。
鉄骨造といっても、重量鉄骨系と軽量鉄骨系がある。
鉄筋コンクりート造
引っ張り力に強い鉄筋と圧縮力と火に強いコンクリートの両者の利点を組み合わせた工法。耐久力、耐震性、防火性に優れた工法。現場で型枠をくみ上げ、コンクリートを流し込む現場工法と、工場で標準パネル化したものを現場で組み立てる工法もある。専門技術者による鉄筋の太さ、強度と配筋状態やコンクリートの品質管理、施工監理が重要。
組石造の家
(ソセキゾウ)
 ギリシャのパルテノン、イタリアのポンペイ、西欧のゴシック建築などに見られる、石やレンガを積み上げて構成される建築を「組石造」といいます。石造の場合、西欧の石の建築のように、大きい開口部は取りにくい、耐震性が弱い等の短所があります。しかし、その石やレンガの素材の素晴らしさは、その高級感、耐久素材として捨てがたく、地震国日本の現代建築でも鉄筋コンクリートの構造で耐震性を確保した建物の表面仕上の建材として2cmほどにスライスされた石材や、レンガ、タイルとして表現されています。