Q .1:西野建築研究所と
  ZENPLANの関係は?
A. 1:ZENPLANは西野建築研究所の英名であり、
  全部の可能性を見る意の略号です。
Q. 2:設計の進め方は?
A. 2:ZENPLANはお客様の好みや要望と土地条件をうかがって、
  設計の建築基準法や建築条件を調査し、ファーストプランを構想し提案ます。
  計画の建設費概算や資金計画を算定後、信頼の設計監理契約を交わします。
  その後何度も打合せを重ねて基本設計、実施設計へと進行します。
  詳細設計を経て、請負業者の見積査定をして工事契約を交わします。
Q. 3:デザインに対する
   考え方は?
A. 3:ZERNPLANは確かな設計をいたします。お好みによりシンプルモダン、
  ジャパネスクモダン、和風、洋風、エコ設計等をの設計をします。
  <設計は未来を拓く>を社是に確実な建築をお届けします。
Q. 4:要望はどこまで
  受け入れてもらえますか?
A. 4:まず依頼者の要望をすべて受け入れた計画の応用に心がけます。
  ただし、プロとしての適切なアドバイスと提案はいたします。
  住宅は機能性や動線の合理性とデザイン性・経済性の調和が重要と考えています。
Q. 5:他の事務所との違いは?
A. 5:ZENPLANは永年の実績と信頼を基に依頼者が納得できるガラス張り
  の設計と監理をします。建築の経験が生かされています。
  高耐久・高性能・ハイデザインの建築を志向し、未来に生きる設計をします。
Q. 6:設計事務所と
  ハウスメーカの違いは?
A. 6:一概に設計といっても、独立系設計事務所の建築家と
  ハウスメーカーのそれとは大きく違います。
  ハウスメーカーは住宅を商品と考えているため納得できる家は創りにくいのです。
  建設会社や工務店も工事優先の造りなので同じです。
  私たち独立系の建築家は、公平中立な価値観をもち美しい作品を育てます。
Q 7:工事監理と
  アフターケヤーは?
A. 7:自ら行う直接監理方式による丁寧な監理をして、安心、安全をお届けします。
  建物完成後も保守契約による、定期点検検査をして末永く建築を見守ります。
Q. 8:営業エリアは?
A. 8:幅広く活動しています。建築家を必要とするところにはどこでも伺うのスタンスです。
Q. 9:住宅以外の設計もしますか。
A. 9:はい。住宅・中層マンション・店舗・事務所・スポーツ施設などを設計します。
Q.10:相談費用は?
   設計監理費用は?
A.10:設計監理費用は設計の内容、用途、構造種別などにより変動し、別表1参照下さい。
   標準木造住宅の場合で約10%相当です。ただし初期相談は無料です。
Q.11:営業年数と経験年数は?
A 11:2007年で創業30年になります。代表者の設計経験は40年間になります。
Q.12:営業時間と定休日は?
A. 12:通常営業時間は  9:30〜18:00 定休日 土曜、日曜祭日
Q.13:ZENPLANの場所は?
A. 13:新宿に近い笹塚に自ら設計したビルの最上階の明るい設計事務所を拠点に活動。
   また、事務所から3分の制作アトリエ Arc21でも活動。
Q.14:建築基準法と
   建築基準法施行令とは
A. 14:建物を建築するときに守らなければならない、もっとも基本になる法律。
   国民の生命・健康・財産を守ることを目的に、建築する敷地と道路との関係、
   用途、地域ごとの建築物の種類や規模、建築物の構造や設備の強度・安全性などについて、
   最低限の基準を定めている。 1950年制定。一定規模以上の建築物をたてる場合は事前に
   建築確認を受けることが必要になる。
   技術的基準などの詳細を定めたものに「建築基準法施行令」がある。
Q.15:建築確認と検査済証
とは
A. 15:建築基準法における制度規定として、建築物を建築するのに先立って「確認申請」を
   行い「確認」をとらなければならない。工事が完了すると「工事完了届」を提出し、
   建築主事の検査を受けて「検査済証」の交付を受けなければならない。
Q.16:コンタクトは?
A. 16:電話,Fax,E−mail にて先ずはご相談を TEL: 03-3370-2400
   FAX: 03-3370-2402
   E-mail: nishino@zenplan.co.jp
   また、当社HPはnishino@zenplan.co.jp
Q.17:注文住宅と建売の違
   いは?
A. 17:住宅は住み手のライフスタイル、家族構成などによって違いが有ります。
   住宅が建つ敷地の環境や道路条件によっても違います。家族と共に住む喜び、家族の健康と
    資産を守り、こころよく暮らせる住まいは個人的要素が強く反映された住まいが理想です。
    住宅は、買うものではなく、住み手に合せて創る価値あるものなのです。
Q.18:設計と施工の分離の
   メリットと違いは?
A. 18:設計と施工の分離のメリットは、大切な建設費を預けるのに、設計と施工を分離すると、 チェック
    機能が働き、施工会社を選べ、正しく図面どおりに施工されたかを確認でき、 大事な予算に相当
    した施工の確保が出来、結果的に工事の費用の削減になり、 望む住まいを出来ることに繋がる
    のです。  設計施工一体では、一社特命になるため、競争の原理も働きませんので、やり易く、
    安価で、不安の残る工事になりがちなのです。 設計の独立した場合、中立の立場で違う業者の
    見積もりを比較し、コスト管理をします。 近年、住宅を購入してからの不良工事や、トラブルが多
    いのは、施工と設計が分離されて いないことが一因です。施工者お抱えの設計事務所もあります
    が、殆ど名目だけの場合も あり信頼できないのです。最近の耐震偽装問題もここに原因がありました。
Q.19:建築条件付きの設計
   や土地探しは?
A. 19:いたします。ご相談下さい。お役に立つよう努力します。

Q.20:ローコスト住宅、狭小住宅はしますか?


A.20:いたします。ご相談下さい。
Q.21:地方からの設計依頼は受けられるでしょうか?


A.21:当社の作例に有りますように東京から通える限り、地方の設計監理をいたします