高耐久について
 愛する家は永年にわたって安心して暮らせる家、後世に資産として残せる家にしたいものです。
そのためにはどうすればいいのでしょうか。
家創りのポイントはまず、その「家の創りコンセプト」を建築家と共に確立することです。そして、永く家を守るために「その家のコンセプト」を守り育てることです。概念の高耐久化が必要です。また、物理的な家の耐久力は設計時の配慮と構造種別によっても違うのです。
木造系の家
 木そのものは、長持ちする素材ですが、おかれる環境によって、耐久力に差が出ます。特に、湿り気があると、カビの菌が繁殖し、木材を腐りやすくさせます。また、シロアリなどの発生原因につながります。風通しのわるい納戸や倉庫、また土台廻りは湿気が溜り勝ちですので注意が必要です。また、近代木造では、構造材を集成材を用い、強制乾燥させ、強度を上げた均一な材料もあります。
当社では、木造の主材にこの高強度木材を使い、金物による接合をした家を推進しています。
鉄骨系の家
 鉄骨は、シロアリやカビ菌の影響はうけにくいものの、錆が鉄を腐食させていきます。特に、軽量鉄骨は厚みが無いため防錆に注意が必要です。また、雨水の浸入は勿論のこと、結露のしない家にするよう計画すべきです。当社は、鉄骨造にする場合、重量鋼を薦めます。信頼性が高いためです。
鉄筋コンクりート造の家 
 鉄筋コンクりートは耐久性と強度が他に比べ高いのですが、セメントと砂と砂利と水で出来ているコンクリートは、そのつど型枠内に流し込むため製品監理がとても重要です。材料の、配合率は事前に配合試験をして、性能を確認していきます。そのときの、天候や気温や打設時間や間隔などの監理や、現場の施工技術に高度な監理が必要です。 図面と現場の照合や、各工程の記録など多岐にわたる高い技術が必要です。実績と信頼ある施工業者は勿論、経験ある監督者が欠かせません。
混構造の家
混構造とは、ひとつの住まいの中に、鉄筋コンクりート造と鉄骨造や木造の二つ以上を組み合わせた構造形式をいいます。夫々の特性と特徴を生かしながら、住まいを造る素敵な工法で、互いの良さを生かせます。合理的な工法と言えます。当社の作例には、良くこの方法が用いられています。また、レンガ積み工法のことを、礎石工法とも呼びますが、RC造にレンガ張りなどを組み合わせることもできます。
地盤・地誌調査の大切さ
高耐久な家にするためには、地盤調査、支持地盤の確認が大切となります。計画に入る前に、敷地の地盤調査(ボーリング調査ともいいます)をお勧めします。建物の重量が重い、鉄筋コンクリート造の場合はなおさら必要です。比較的軽い、1〜2階建ての建屋の場合は、スエーデン サンデイング調査という簡易な方法の調査もあります。調査費は結果的に建物の価値として付加され還元されるとお考え下さい。
 また、敷地の地層の歴史・地誌を事前によく調査されて、土地を購入する必要が有ります。

より良い家創りのために、何なりとご相談下さい。